矯正歯科

矯正治療は健康保険がきかないの?

矯正治療は健康保険がきかないの?

矯正治療は通常は保険適用外なので、費用が高額になるのが悩みどころです。しかし指定された条件が整えば矯正歯科治療が保険適用で可能となる場合があります。

保険が適用される歯科矯正とは?

健康保険

矯正歯科治療は一般的には保険適用外で全額自己負担となりますが、下記の場合に限り保険診療の対象となります。

  1. 「厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療
  2. 前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするものに限る)に対する矯正歯科治療
  3. 顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術前・手術後の矯正歯科治療

これらの保険適用可能な矯正歯科治療を行える医療機関は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみとなります。

厚生労働大臣が定める疾患

健康保険が適用される疾患は、講師労働大臣が定める58の疾患とその他の顎・口腔の先天異常です。

  1. 唇顎口蓋裂
  2. ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む。)
  3. 鎖骨頭蓋骨異形成
  4. トリーチャ・コリンズ症候群
  5. ピエール・ロバン症候群
  6. ダウン症候群
  7. ラッセル・シルバー症候群
  8. ターナー症候群
  9. ベックウィズ・ウイーデマン症候群
  10. 顔面半側萎縮症
  11. 先天性ミオパチー
  12. 筋ジストロフィー
  13. 脊髄性筋委縮症
  14. 顔面半側肥大症
  15. エリス・ヴァンクレベルド症候群
  16. 軟骨形成不全症
  17. 外胚葉異形成症
  18. 神経線維腫症
  19. 基底細胞母斑症候群
  20. ヌーナン症候群
  21. マルファン症候群
  22. プラダー・ウィリー症候群
  23. 顔面裂(横顔裂、斜顔裂及び正中顔裂を含む。)
  24. 大理石骨病
  25. 色素失調症
  26. 口腔・顔面・指趾症候群
  27. メビウス症候群
  28. 歌舞伎症候群
  29. クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群
  30. ウイリアムズ症候群
  31. ビンダー症候群
  32. スティックラー症候群
  33. 小舌症
  34. 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群及び尖頭合指症を含む。)
  35. 骨形成不全症
  36. フリーマン・シェルドン症候群
  37. ルビンスタイン・ティビ症候群
  38. 染色体欠失症候群
  39. ラーセン症候群
  40. 濃化異骨症
  41. 6歯以上の先天性部分無歯症
  42. CHARGE症候群
  43. マーシャル症候群
  44. 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  45. ポリエックス症候群(XXX症候群、XXXX症候群及びXXXXX症候群を含む。)
  46. 症候群
  47. リンパ管腫
  48. 全前脳胞症
  49. クラインフェルター症候群
  50. 偽性低アルドステロン症
  51. ソトス症候群
  52. グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
  53. 線維性骨異形成症
  54. スタージ・ウェーバ症候群
  55. ケルビズム
  56. 偽性副甲状腺機能低下症
  57. Ekman-Westborg-Julin症候群
  58. 常染色体重複症候群
  59. その他顎・口腔の先天異常

「その他顎・口腔の先天異常」とは、顎・口腔の奇形、変形を伴う先天性疾患であり、当該疾患に起因する咬合異常について、歯科矯正の必要性が認められる場合に、その都度当局に内議の上、歯科矯正の対象とすることができる。

保険適用になった場合の負担額

費用の負担額

保険適用で矯正歯科治療を受けた場合は、治療を受ける度に治療費を支払うことになります。そのため通院回数が増えれば、その分だけ治療費がかさんでいくことになります。

100万円程度の矯正治療を3割負担の保険適用で受けた場合は、30万円程度の負担になります。

保険適用でマウスピース矯正はできるの?

マウスピース矯正

透明なマウスピース装置を使った矯正治療は人気がありますが、保険適用の場合は使用する矯正装置に制限があり、マウスピース型矯正装置は保険適用の矯正治療では使用できません。

自費診療は高い!とおっしゃる方にはデンタルローンがおすすめ

デンタルローンは歯科治療に限定されたローンで、歯科矯正やインプラント、セラミック治療等の自由診療の費用を分割払い出来ます。ローンの契約時に返済回数を設定できるため余裕を持ってお支払いができます。

デンタルローンの利用可能額は大体10万円~500万円まで使えます。ローン会社によってはポイントが付くサービスがある会社もあります。

まとめ

矯正治療を保険適用で受けられるのは、厚生労働大臣が認めた58の疾患とその他の顎・口腔の先天異常の方などです。また、治療を受ける医療機関も厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみとなります。

このように、保険適用での矯正治療はかなり厳格な基準となっています。お近くの保険適用医療機関につきましては、以下の日本矯正歯科学会のウェブサイトにて調べることが出来ます。

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック