予防歯科・定期健診

歯石は自分で除去できる?除去できない?

歯石は自分で除去できる?除去できない?

歯石などの汚れを自分で除去することで、歯科医院への通院回数を減らしたいと思われる方はいらっしゃいます。では、歯石がどのようなものかという点も含めてご説明します。

歯石と歯垢はどう違う?

歯磨きの歯ブラシの角度が上手く当たっていない場合や、歯間や歯周ポケットに食べかすが残っている場合、口腔内には歯垢(プラーク)が溜まります。歯垢には更に細菌が付きやすくなり、歯垢を除去しないまま放置しておくと唾液成分のリンやカルシウムと結合します。それらと結合した歯垢は、石灰のように固い歯石になります。

歯石が付いたお口に痛みはありません。ただ、歯と歯茎の間、歯と歯の間に歯石は付着したままの状態でいると、炎症が起こり、歯周病やむし歯、口臭の原因になります。歯石を取り除くケアを行っていれば、きちんと歯周組織の掃除ができている状態ですので、結果的にお口の健康を長く保つ方法と言えるでしょう。

自分で歯石を除去することは可能?

どの歯科医院でも定期健診やクリーニングの際には、歯石を取るためにスケーラーという器具を使用します。スケーラーには、ハンドスケーラーと振動で汚れを落とす超音波スケーラーの二種類があります。フックのような形状のハンドスケーラーは、通販サイトや市販の日用品で売られていてセルフケアのために購入することは可能です。ただし、注意点として、自分でスケーラーを使用して歯石除去をする行為は、安全ではないためおすすめしません。

スケーラー使用には、先に専門的な知識や技術の習得を行うことが必要です。正しい技術がないまま鏡の前でスケーラーを使ってしまうと、大切な歯や歯肉をつい傷めてしまうリスクが高いです。力を入れ過ぎて出血し傷つけるケースや、歯石を取り切れず中途半端に残して更に歯石が重なるなどの可能性があります。技術を習得しているプロである歯科衛生士も、自分の歯のクリーニングやホワイトニングは、クリニックの他の衛生士に行ってもらう人が多いです。

自分で歯石を作りにくい歯磨きはできる?

では、歯石を作りにくい口腔環境にするにはどうすれば良いでしょうか。それは、丁寧なオーラルケアを行うこと以外ありません。

外出されている方には難しいかもしれませんが、食時の後に一日三回、毎日歯をブラッシングし、汚れを落とすことを心がけましょう。可能であればデンタルフロスを使うとより良い口腔内になりますが、歯質に合った歯ブラシで歯を磨くのみでも、表面の汚れを落とし、しっかり磨き上げることで歯石を作りにくくなります。

まとめ

歯石の除去を自分で行うことはデメリットが大きいです。そのため、歯医者へ定期的に通院し、クリーニングを行いましょう。虫歯や歯周病を初期の段階で見つけられる可能性があり、抜歯などに至らずに済みます。他にも噛み合わせや歯並び、前歯や奥歯の形状や生え方などお悩みがあれば、当院の無料カウンセリングでご相談ください。歯科医師やスタッフがお悩みをお伺いし状態を確認のうえ、治療計画や費用を提示し、改善する方法をご案内します。

梅田クローバー歯科クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック