予防歯科・定期健診

歯の定期健診は必要ですか?

歯の定期健診は必要ですか?

通常、歯の定期健診は約3~4ヶ月に一度のペースです。定期健診が必要な理由や目的についてご説明します。

歯の定期健診は何をする?

一般的に歯科医院が行っている定期健診は、文字通りお口の状態が健康かどうか確認をします。歯や歯肉の状態をチェックし、歯周ポケットの深さを検査し、歯のクリーニング及び歯茎や歯間にフロスを通すなどのケアを行います。歯科衛生士は口腔衛生のプロですので、必要なメインテナンスを行い、歯ブラシが当たっていないと思われる部分には、患者様に歯磨きの方法を教え、原因からの解決を図ります。

定期健診は一年ごとではだめ?

虫歯や歯周病の治療が終了した際「定期健診にご来院くださいね」と言われても「もう痛みもないし治った」と疑問に思われる方もおられるでしょう。定期健診が3~4ヶ月ごとという間隔には、様々な要因があります。

歯石の問題

細菌が出したプラーク(歯垢)が歯石になり、歯周組織の腫れにつながります。その状態を放置すると口腔状態が悪化し、むし歯や歯周病など細菌感染によるお口のトラブルが悪化します。歯周病になれば歯茎の中の骨が溶けてしまい、重度の場合は抜歯に至ってしまいます。

歯石はセルフケアで除去できず、歯石が歯周組織に沈着するのがおおよそ4ヶ月前後と言われています。歯科衛生士によるクリーニングを行わなければ、歯石のない歯肉に戻せません。

ブラッシングの問題

習慣づいている歯みがきの仕方を、いきなり改善することは難しいです。歯科衛生士にブラッシングの指導を受けても、ご自分で正しいブラッシング方法を継続できない方は多いです。歯の表面や歯間、歯肉に正しい角度で歯ブラシを当て、歯間ブラシやフロスをきちんと使用しないと、再度虫歯や歯周病になってしまうケースがあります。3~4ヶ月くらいの間隔でクリニックに通院し、歯磨きを再度指導をしてもらえれば、口腔内の改善は望めます。

まとめ

お口の中は、自覚症状がないままトラブルが進行するケースが多くあります。歯科が行う定期健診やメンテナンスにしっかり通われている方と、通われない方を比較すると、歯の本数が将来的に大きく違います。虫歯という病気の予防的観点からも、定期的に歯医者に通院されることは大切です。

歯がなければ食事で食べ物を噛むことや、人前で大きく口を開けることをストレスに感じることがあります。噛めなければ義歯やブリッジ、インプラントなどの処置が必要になり、そのための費用も発生します。定期健診を受け、その他に歯並びや噛み合わせなど気になる場合は、歯科医やスタッフに相談してみましょう。

梅田クローバー歯科クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック