予防歯科・定期健診

クリーニングの前に歯を染めるのは何のため?

クリーニングの前に歯を染めるのは何のため?

当院では歯のクリーニングの前に歯垢が染まる液を患者さんの歯に塗布します。これは一体何の為に行うのか、ご説明します。

歯の染め出しは何の為に行うの?

歯垢、歯石の染色液

歯みがきを毎日3回、食後にきっちりしているからといって、虫歯にならないわけではありません。

当院では、患者さんの歯に磨き残しの歯垢がどれくらい残っているかをはっきりと目で見て分かるように可視化する目的で、クリーニングの前に歯垢の染め出しを行っています。
初めて染め出し液を使った患者さんは、歯が濃い紫色や薄い紫色に染まっているのを見て驚かれるのではないでしょうか。

歯の染め出しでわかること

歯石、歯垢の染色

染め出し液で染まったところ=歯磨きが苦手なところ

歯垢を赤く染めることによって、「こんな場所にこんなにみがき残しがありますよ」とはっきりとわかります。丁寧に歯を磨いている患者さんでも、歯が全く染まらないということは殆どありませんので、ご安心くださいね。

毎日しっかり歯磨きしていても、案外歯垢は残っているものです。濃い色に染まっているところは、古い歯垢が残っている場所で、薄い色に染まっているところは、ごく最近歯垢がついた場所です。

この色の違いによって、日常的に磨き残している場所と、今日の歯磨きで磨き残した場所とが区別できます。色の濃い場所は普段から患者さんがブラッシングを苦手としている場所ですので、その部分をどうすればきれいに磨くことが出来るようになるのか、歯科衛生士がアドバイスします。

磨き残しの多いところは?

1.歯と歯の間

歯と歯の間が紫色に染まっている場合は、その部分に歯垢が残っていますので、歯磨きの時にデンタルフロスを追加で使いましょう。ホルダー式のフロス(糸ようじ)なら初めての方も使いやすいと思います。

フロスをゆっくりと横にひくようにして歯と歯の間に糸の部分を入れます。ゆっくりと小さく動かし、歯と歯の間の歯垢をかき出します。

2.歯と歯茎の境目

歯と歯の間にフロスを入れ、そのままゆっくりと横に動かしながら徐々にフロスの位置を歯茎まで下ろしていきます。歯茎を傷つけないように注意しながら、フロスを歯のカーブに添わせるように動かして、歯茎付近に付着した歯垢を除去します。

3.奥歯の噛む面の溝

奥歯は歯ブラシが届きにくく磨きにくい場所です。奥歯の溝には汚れが溜まりやすく、そのまま磨き残しになってしまうと虫歯になるリスクが高まります。

奥歯の溝をきれいに磨くには、歯ブラシをまっすぐ直角に歯面に当てて、軽い力で歯ブラシを出来るだけ細かく動かします。

まとめ

歯垢の染め出しをすることによって、歯垢の溜まりやすい要注意の場所(ブラッシングが苦手な場所)がわかります。その部分を丁寧にみがくように心がけることで、染め出し液を使っても最初の時ほど濃い色に染まらなくなってきます。

濃い色に染まらないということは、歯磨きが上達した証拠で、虫歯や歯周病の予防もしっかりと行えているということになります。どなたでも出来るようになりますので、ぜひ歯垢を残さない歯磨きをマスターしてくださいね。

梅田クローバー歯科クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック