歯と口のトラブル

治療が終わったはずなのに痛いのはなぜ?

治療が終わったはずなのに痛いのはなぜ?

虫歯などの歯の治療が終わった後で、歯が痛くなるときがあります。治療が失敗したわけでもないのに、どうして痛みが起こるのかご説明します。

歯の治療によって神経が過敏な状態になっている

歯の治療後に痛みが出た場合、ちゃんと治療出来ていないのじゃないかと不安に思われるのではないでしょうか。

神経を抜かない虫歯治療で痛む場合は、神経の近くを削ったために神経の周囲が一時的に炎症を起こして痛みを感じる場合があります。治療の際には局部麻酔をしますので、痛みは感じません。しかし歯を削る際の振動や熱などの刺激が歯に伝わり、内部の神経にダメージを与えます。

その後、歯は神経を守ろうとして神経の周囲に第二象牙質と呼ばれる新しい象牙質をつくります。第二象牙質によって刺激は神経に直接伝わらなくなり、しみなくなります。

一時的に知覚過敏のようにしみたりすることもありますが、時間が経てば、痛みはほとんどおさまります。神経を取っていない歯の虫歯治療後に必ずこのような痛みが発生するというわけではありませんので、ご安心下さい。

銀歯の詰め物が原因で痛みが出る場合がある

虫歯の保険診療で銀歯の詰め物をした場合に痛みが出ることがあります。銀歯は金属なので温度を伝えやすいため、プラスチック(レジン)やセラミックの詰め物と比べるとしみやすくなります。

銀歯の治療をして数日しかたっていない時に、冷たいものや熱いものがしみやすい状態になります。その後日数がたつにつれて痛みはおさまっていきます。

詰め物の高さが高い場合に痛みが出る場合がある

歯に詰め物をした後には、嚙み合わせの調整を行って歯の高さを調整していきます。歯の感覚はとても繊細で、髪の毛一本でも挟まっていたら違和感を感じる程です。

以前よりも詰め物によって歯が僅かでも高くなっている場合にそのまま噛んでいると、歯根膜という歯と骨の間のクッションのような役割の組織がダメージを受けて痛みが出る場合があります。

神経の治療をした時に痛みが出る場合がある

根管治療と呼ばれる、神経を抜いたり、死んでしまった神経を取り除く治療を行った後は、痛みが出やすくなる場合があります。

神経を抜く時は、歯根の先の根尖(こんせん)と呼ばれるところまで、取り残しがないようにしっかり取り除く必要があり、この根尖部を治療した後は、2~3日は痛みが出やすい状態になります。

大半が一時的な痛みですが、何日も続く場合は、再受診していただくのが良いでしょう。

痛みが出ている時の対処方法

歯の治療後に痛みが出ている場合、日がたつにつれて痛みは落ち着いてきます。徐々に痛みが減ってきている時は、殆どそのままなおります。

しかしなるべく治療した部分を刺激しないように気をつけましょう。触ると細菌の感染による炎症が起こる時もありますので、指や舌先で触らないようにしましょう。

冷たいものや熱いものの飲食で痛みが起こる場合がありますので、日がたって痛まなくなってくるまでは出来るだけ冷たいものや熱いものを避けましょう。

ズキズキする痛みが続く場合は、歯の根の周囲に炎症が起こっている可能性がありますので、歯科医院にご連絡ください。

まとめ

虫歯の治療後に歯が痛い、しみる症状が出ても、治療を失敗しているわけではありませんので、ご安心下さい。痛みがおさまるまでの期間は人によってちがいますが、長く痛みが続く場合や、痛みが激しい場合は、我慢せずにすぐに再度受診するようにしましょう。

梅田クローバー歯科クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック