歯と口のトラブル

虫歯の治療法を教えて

虫歯の治療法とは?

虫歯の治療方法は虫歯の進行度によって違います。軽度の虫葉でしたら歯を削らずに経過観察で済みますが、重度になると抜歯が必要になることもあります。虫歯は進行状況によって、C0〜C4の段階に分けられており、それぞれの治療方法についてご説明します。

どうして虫歯になるの?

どうしてむし歯になるのかご存知でしょうか。
虫歯とは歯の感染症の一種で、歯をむしばむというところから虫歯と言われています。

虫歯菌(ミュータンス菌)は最初から口の中に存在しているのではなく、幼児の頃の口移しや食器の共有などが原因で感染すると言われています。
食べもの、とくに糖類や穀物はむし歯菌の好物で、細菌はこれらを食べて酸を分泌します。その酸が歯の表面の硬いエナメル質を溶かしていくのです。

脱灰と再石灰化とは?

歯の再石灰化と脱灰

歯が少し溶けた状態を脱灰といい、ペーハー4以下の酸性で始まります。食事をしただけで、口の中はペーハー4になります。脱灰してもすぐ虫歯になるわけではないですがそれは、その部分が再石灰化するからです。

つまり、エナメル質に酸が付着すると、歯の表面からミネラルやイオンなどが流れ出します。これが脱灰です。

この一度は溶け出たイオンやミネラルが、再び歯の表面に戻って、溶かされた歯の表面を修復する作用が再石灰化です。これは食事のたびに繰り返されます。

そして修復が間に合わないと、次第に穴となっていきます。脱灰と再石灰化のバランスが取れている時には、虫歯にはなりません。ところが歯みがきが十分に出来ていない場合に、細菌が増殖してバイオフィルムをつくります。

バイオフィルムとは?

バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、歯の表面に薄い膜のような形でくっついています。バイオフィルムは歯みがきでは取れないので、そこに着いた細菌の酸によって歯がどんどん溶かされて虫歯になってしまいます。

このバイオフィルムや歯垢をとるのが当院で歯科衛生士がやっているPMTCという歯の徹底クリーニングです。これを定期的に受けることにより、虫歯を防ぎいつまでも長持ちする健康な歯にすることができます。

ただし、毎日の歯みがき等のセルフケアが最も大事なのは言うまでもありません。
当院では歯みがき指導もおこなっていますので、正しいみがき方でプラークを徹底的に落として歯をきれいに保ってくださいね。

梅田クローバー歯科クリニック

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック