歯が痛い、しみる|あなたのお悩みを解決|梅田クローバー歯科クリニックは大阪駅前第3ビルの歯医者です

歯が痛い・しみる
梅田クローバー歯科クリニックTOPあなたのお悩みを解決>歯が痛い・しみる

歯が痛い・しみる症状

歯が痛い症状にも様々な種類があります。

  • うずく痛み
  • しみる痛み
  • 噛んだ時に痛む
  • 歯ぐきが痛む
  • 甘いものを食べると痛む

それぞれに原因や治療法が異なります。

まずは痛みをとめます

まず痛みをとめます

痛みを感じてお越しになった患者さんには、何よりまず痛みを取り除く処置を行います。

当たり前ですが、何より痛みを取り除くことを最優先しています。

例えば、むし歯の痛みであればむし歯を取り除いて詰めたり、歯茎が膿んで痛いのなら膿を出したり、お薬を飲んでいただいたりします。痛みの除去には最善を尽くしていますのでご安心くださいね。

1.うずく

⇒むし歯が歯の神経まで進んでいます

むし歯の痛みには段階がありますが、このうずくという段階が実は最もひどい状態です。この場合は歯の神経を取り除く治療をしないといけません。
(ただし歯の神経はなるべく取らない方が歯のためには良いので、当院では神経をなるべく残すよう努力をしています。)

2.しみる

⇒2つの理由があります。

むし歯

むし歯が軽い場合は冷たいものがしみるということがよくあります。 熱いものがしみる場合は重症のむし歯なのですが、冷たいものだけがしみる場合は比較的簡単な治療で治ります。

知覚過敏

象牙質にある象牙細管という無数の穴から神経へ刺激が伝わるとしみるという症状がでます。

強い力でのブラッシング、歯ぎしり、食いしばり

歯がすり減って、歯がしみる

象牙質はエナメル質に覆われていますが、歯が強い力でのブラッシングや歯ぎしり、歯の食いしばりの力などによってエナメル質がすり減ってしまったところに冷たい物などの刺激が加わると歯がしみます。

この場合は歯のすり減っている部分にレジンを詰めるなどの治療をします。

チェックポイント
□ ストレスが多い □ 歯並びが悪い □ 寝ているときに歯ぎしりをする
□ パソコン作業など長時間集中する作業が多い
□ 知覚過敏がいつの間にかなくなった

歯周病

歯周病

歯周病にかかると歯肉が後退して、エナメル質で覆われていない歯の根元の象牙質が露出することがあります。

そこから刺激が神経に伝わってしみることがあります。この場合は歯垢の除去や歯みがき指導により歯周病を改善していくという治療法になります。

チェックポイント
□ 歯に物が挟まる □ 歯ぐきからの出血がある □ 口臭が気になる
□ 歯がぐらぐらする □ 知覚過敏がいつの間にかなくなった

いつの間にかしみなくなったのでそのまま放っているという方がおられますが、唾液や歯に含まれるミネラルによって象牙細管がふさがれたために知覚過敏が治まったように感じるだけで、実際には治ったわけではありません。

そのまま症状が進んでしまって歯が欠けたり折れたり、抜けてしまうという深刻な状態になってしまうこともあります。気になる症状があれば早めにご相談ください。

3.噛んだ時だけ痛い

⇒歯の神経が死んで腐ってしまった場合は、噛むと痛みが出ます。

ひどい時は歯の根っこの先の歯ぐきが腫れることもあります。腐った神経を取り除き、歯の内部をきれいに洗浄してばい菌を完全に追い出すという治療法になります。

この治療を根管治療といいます。クローバー歯科は最先端の根管治療をしておりますので、ご安心下さいね。

4.歯ぐきが痛い

⇒この場合は第一に歯周病が考えられます。

歯周病は日本人が歯を失う第一の原因ですし、重症になると歯が抜けてしまうことがあるため、早めの治療をお勧めしています。

5.甘いものを食べた時だけ痛い

⇒この場合は、中くらいの大きさのむし歯が原因であることがほとんどです。

甘いものを食べた時の「甘味痛」と呼ばれる痛みは、むし歯特有の痛みです。

中くらいのむし歯は削って詰めるだけで治りますが、大きなむし歯になると神経を取らないといけなくなりますので、油断はできません。

クローバー歯科はむし歯の治療は無痛治療で行っておりますので、安心して治療をお受けくださいね。

お気軽にお問い合わせください

Call:0663450840

受付時間:月〜日 9:00〜20:00

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

Copyright(C) 梅田クローバー歯科クリニックAll Rights Reserved.
  • Call:0663450840
  • LINEで無料相談