歯が痛い、しみる|あなたのお悩みを解決|梅田クローバー歯科クリニックは大阪駅前第3ビルの歯医者です

歯が痛い・しみる
梅田クローバー歯科クリニックTOPあなたのお悩みを解決>歯が痛い・しみる

歯磨きをしている時、歯ブラシの毛先があたって痛みを感じたことはありませんか。
痛みの原因は以下の可能性が考えられます。


  • むし歯
  • 歯周病
  • 知覚過敏

  • むし歯の場合


    虫歯菌が歯を溶かして歯の神経の近くまで進行が及んでいる時、冷たいもの・熱いもの・甘いものを食べると歯が痛んだりしみる感覚がします。

    一般的に歯にそうした痛み・しみる影響が出てくるのは、虫歯がある程度進んでいる状態です。


    ▼虫歯のステージ進行表


    • C0…歯の表面が少し濁っている初期虫歯。治療の必要はありません。
    • C1…エナメル質に穴があいた虫歯。痛み・しみる症状はまだありません。
    • C2…象牙質に達した虫歯。冷たいもので歯がしみる症状はこのステージに該当します
    • C3…神経に達した虫歯。日常的に歯に痛みが生じます。
    • C4…歯の根っこ部分だけが残った虫歯。神経が死んでいるため痛みは感じませんが、治療法として歯を抜く場合が多いです

    歯周病の場合


    歯周病とは歯肉炎がひどく悪化した状態です。歯肉炎は歯ぐきが赤く腫れたり、歯ブラシをあてた時に出血したりする症状です。


    知覚過敏の場合


    知覚過敏とは、虫歯は進行していないにもかかわらず、歯の神経が外部からの刺激を痛みとして感じる症状をいいます。

    知覚過敏はたいてい一過性の痛みで、歯の表面にあるエナメル質が何らかの理由で傷ついて剥がれたことが原因で起こります。

                                     
    • 歯を磨く時、力が入りすぎていませんか?
    • 無意識に歯を食いしばっていたり、歯ぎしりをしていませんか?
    • 噛み合わせは正常ですか?
    • 酸っぱい食べ物やドリンクを頻繁に摂取していませんか?(酸蝕症)

    • エナメル質は、本来は虫歯菌などから歯を守るために、硬い組織で構成されています。しかし、外的要因などでエナメル質が薄くなった時、神経と近くなったことで歯は刺激を感じやすくなります。

      知覚過敏が軽度の場合は、やわらかい毛先の歯ブラシでやさしくブラッシングするなどのセルフケアを続けることで症状は落ち着きますが、中度以上の場合は、塗り薬でコーティングするなどの処置で改善をはかります。


      クローバー歯科はむし歯の治療は無痛治療で行っておりますので、安心して治療をお受けくださいね。

お気軽にお問い合わせください

Copyright(C) 梅田クローバー歯科クリニックAll Rights Reserved.
  • イーマ院カトレア歯科
  • 茶屋町院
  • 第3ビル院