虫歯になった|梅田クローバー歯科クリニックは大阪駅前第3ビルの歯医者です

こだわりの虫歯治療
梅田クローバー歯科クリニックTOP診療メニュー>虫歯治療

虫歯はできるだけ早めの治療が大切です。虫歯かな?と思ったら、すぐに医療機関を受診してくださいね。

虫歯のできるメカニズム

虫歯と虫歯菌

虫歯の原因は一般的に口内の虫歯菌の働きで歯の表面が溶ける脱灰と、脱灰で溶けた部分が唾液の力で自然に治癒する再石灰化の均衡の崩れの際に起こるものといわれています。

人の唾液には、歯を脱灰から守る働きがあります。ですが、その再石灰化が脱灰のスピードに負けて脱灰が続いた結果、虫歯になります。

他に虫歯になりやすい生活習慣として、「不十分な歯磨き」「糖分の摂りすぎ」「だらだら食べる」などがあります。

梅田クローバー歯科のこだわりの虫歯治療

1.痛くない治療への取り組み内容

虫歯

麻酔薬を体温程度に温める

麻酔薬の温度を体温と同じくらいになるよう、専用の器械で温度をしっかり管理しています。麻酔薬が冷たいと、注入する時に患者様は刺激を感じてそれを痛みと認識しますが、体温と同じくらいの温度で注入する方法ですと刺激も痛みも感じませんし、安心して治療を受けることが可能です。

麻酔器具に細い注射針を使用

注射針が太いと痛みが出ますので、院内では極細の注射針を使用し、痛みを抑えるようにしています。

電動注射器で注入速度を制御

電動注射器を用いて麻酔薬を注入することによって、麻酔薬をゆっくりとした一定の速度と圧力で注入することが出来ます。いきなり多くの麻酔薬を注入すると痛みを感じる方が少なくありません。注入時の圧力を徹底的に制御することによって痛みを感じにくくし、安全性にも配慮しています。


2.虫歯を取り残さない

虫歯

虫歯は肉眼ですべて見えるわけではありません。
歯科医が黒く変色している部分を削るだけでは虫歯を取り残す状況になります。
取り残した部分があると、そこからまた悪くなり、痛みなどの症状の再発や、不安が増してしまいます。虫歯の再発予防の為、精密な削り方はもちろん重要です。

当院の虫歯の削り方のご案内

う蝕検知液を使ってむし歯の取り残しを完全に防ぐ

う蝕検知液というむし歯が染まる薬でお口を染め出します。

染まったところをドクターが完全に削り取ります。再び染め出し、色のついた部分を全て削り取ります。歯が染まらなくなるまでこれを繰り返します。

虫歯を完全に取り去ると歯が染まらなくなります。そうなるまでこの対応を丁寧に行っていくことで取り残しを完全に防ぐことが可能になります。


3.虫歯の再発を防ぐよう配慮している

今、虫歯を削り取った後は、詰め物をするのが一般的ですが、詰め物と歯の隙間から再発するようなことは絶対に避けねばなりません。初めて詰め物を入れたのに、そこから再発するのでは意味がないと思います。

当院のこだわりの詰め物の情報

すき間のできない詰め物を作っている

詰め物と歯の間にすき間ができるとそこから虫歯になりやすいため、当院では極力すき間のできない詰め物を作る対策をとっています。

⇒こうすることによって、二次虫歯を予防しています。

当院の歯科医師は以上のような事を心がけ、患者様に納得していただける高い技術で最善の処置を致します。最新の設備もございますので、より良い治療を提供できます。

虫歯の基礎知識

歯はエナメル質、象牙質、セメント質という組織からできています。正確には歯が露出している部分を歯冠と呼び、歯冠より下の歯ぐきに埋まっている部分を歯根といいます。
虫歯とは、歯垢(プラーク)から酸が発生することで歯が溶かされた(脱灰)状態のことです。
虫歯はなるべく早くご来院のうえ、治療や検査をお受けください。

歯の構造

C0(初期虫歯 要観察の状態)
歯の表面のエナメル質が少し溶けた程度の虫歯に限っては削らずに治ることもあります。自覚症状はなく、適切な歯磨き指導やフッ素塗布などのメンテンナンスで治癒が期待できます。

C1(エナメル質の虫歯)
エナメル質がさらに溶かされて黒くなっている状態です。痛みはまだ殆どありませんがすぐに治療しましょう。ブラッシングでの治癒は期待できません。虫歯を削ってレジン(歯科用プラスチック)等で埋める治療法を提案します。

C2(象牙質に達した虫歯)
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行すると、冷たいもの・甘いものがしみやすくなる口内環境になります。表面から見ると小さい穴でも、歯の内側を確認すると広がって進行している場合がございます。虫歯の部分を削り、インレーと呼ばれる詰め物をします。

C3(歯の神経に達した虫歯)
虫歯が神経(歯髄)に達してしまうと普通の生活をしているだけでも激しく痛みます。虫歯の部分を削って取り除き、歯髄に炎症が起こっている場合は神経を除去して根管治療を行います。 根管治療の後に型取りをしてクラウンと呼ばれるかぶせ物をします。

C4(歯冠部が崩壊した虫歯)
歯冠がほぼ溶かされて歯根だけが残っている状態の虫歯です。神経が死ぬと痛みは感じなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び激しく痛みを感じます。口臭などの原因にもなります。
C4の殆どの症例では抜歯が必要になるため、抜歯後は他の歯の健康の為インプラント・入れ歯・ブリッジなどで歯の機能や噛み合わせ、歯並びの審美面を回復させる治療をします。インプラントを行う際に不安点等ございましたら、カウンセリングを受けていただく事も可能ですよ。

虫歯の進行

再び虫歯にならないために 詰め物・かぶせ物の材質が重要

虫歯リスクの少ない治療法を

詰め物、被せ物の材質

虫歯になりにくい詰め物・被せ物

詰め物、被せ物は耐久性がよく長もちするものを

レジンの色の変化

虫歯の治療−インレー−
虫歯の箇所をきれいに削り、インレー(詰め物)をします。
インレーでの治療

インレーには色々な材質のものがあり、材質により保険適用のものと自由診療のものに分かれます。
銀合金などは保険適用です。セラミックやゴールドは自由診療となります。
ゴールドの詰め物
虫歯の治療−クラウン−
虫歯の箇所が大きくなってしまうとクラウン(かぶせ物)をかぶせます。
クラウンの説明

クラウンもインレー同様に色々な材質のものがあり、ご希望の材質とかぶせる歯によって保険適用のものと自由診療のものに分かれます。
前歯のクラウン
レジン銀合金冠(プラスチック)は保険適用、ハイブリッドセラミック・メタルボンドなどは自由診療です。
奥歯のクラウン
銀合金は保険適用、白金加金・ハイブリッドセラミック・メタルボンドなどは自由診療です。
奥歯のクラウンの説明
お気軽にお問い合わせください

り、痛みなどの症状の再発や、不安が増し
Copyright(C) 梅田クローバー歯科クリニックAll Rights Reserved.
  • イーマ院カトレア歯科
  • 茶屋町院
  • 第3ビル院
    クローバー歯科・美容クリニック
    梅田クローバー歯科クリニック