インプラント

インプラントの費用は医療費控除の対象?

インプラントの費用は医療費控除の対象?

高度医療であるインプラント治療は健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあることをご存知でしょうか?

インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象となり、所得から控除することが出来ます。そのため税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってくる場合があります。

インプラント等の治療費を計算する際には、費用の負担を減らすためにも、ぜひ医療費控除についてしっかり理解して、税金の還付を受ける手続きを行いましょう。

医療費控除とは

確定申告

医療費控除とは、治療を受ける本人、またはその配偶者など家計を同じくする親族が医療費を支払った場合などに、所得控除を受けられる制度です。1年間に支払った治療費が10万円を超えた場合、または治療費が10万円以下でも、所得金額の合計の5%を超えた場合がに医療費控除の対象となります。還付金額は最高で200万円となります。

例えば共働きの夫婦で妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。医療費の領収書等を確定申告書の際に一覧表に記入(入力)しますので、領収書等は大切に保管しておいてください。

領収証は病院等の診療費の他、薬局での一般の薬代等も含まれます。※支払った医療費がそのまま戻ってくるのではなく、所得から控除され、納めた税額から還付される制度ですのでご注意ください。

医療費控除額の計算式

計算式

医療費控除額=(1年間に支払った医療費の総額)ー(保険金等で補填される金額)ー(10万円もしくは所得金額の5%いずれか少ない金額)

交通費も控除の対象に

バス

車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりませんが、病院までの交通費も控除の対象となります。医療機関への通院の度にこまめにメモをして、かかった交通費の記録を残しておきましょう。

医療費控除についての補足

  • 確定申告は5年前までにさかのぼって還付を受けることが出来ます。
  • 申告を忘れていた方や医療費が控除対象になることを知らなかった方は、申告することで医療費が還付される場合があります。
  • 年をまたいで分割で医療費を支払うよりも、1年間で支払った方が還付金が多くなる場合があります。
  • 自由診療(保険外治療)も医療費控除の対象となりますので、確定申告をして還付金を受け取ることで実際にかかった治療費を抑えることが出来ます。

まとめ

インプラント治療にかかる費用は自由診療のため、決して安いとはいえません。しかし、医療費控除によって支払った医療費が還付されるとしたら、インプラント治療の総額が少し抑えられることになります。

実際にどれくらいの医療費が控除されるのかは、個人によって異なりますので、国税庁のホームページをご参考ください。

 

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック