子供の矯正|矯正歯科|梅田クローバー歯科クリニックは大阪駅前第3ビルの歯医者です

梅田クローバー歯科クリニックTOP診療メニュー矯正歯科>子供の矯正
子供の矯正
(小児矯正)

子供の矯正とは

子供の矯正

子供の矯正(小児矯正)とは子供の時期に行う矯正治療です。

乳歯列期から混合歯列期(乳歯から永久歯の生え変わり時期)に行う1期治療と、永久歯列期に行う2期治療があります。

子供の矯正のメリット・デメリット

子供の矯正のメリット

あごを正しく成長させることができる

あごの成長を正しく導いてあげることで、大きさやバランスを整えます。

歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなる

あごの成長を利用して治療を行いますので、永久歯が生えるスペースを作ることができ、永久歯に生え変わった時に歯を抜かずに矯正できたり、矯正治療の必要がなくなることもあります。

口呼吸が改善し、鼻呼吸になる

矯正治療により鼻腔が広がり、鼻呼吸がしやすくなります。

クローバー歯科・美容クリニックでは姿勢・口呼吸・歯並びを治すPRO矯正を行っております。

子供の矯正のデメリット

治療期間が長期間にわたる

あごの成長が終わる15才くらいまでは経過観察が必要になります。ただ、ずっと装置を付けているわけではなく、保定装置のみの期間もあります。

子供本人の協力が必要

お子さんが装置を付けることに協力してくれることが、矯正治療の成功には欠かせません。

当院の子供の矯正

お子さまの将来を考えた矯正」を行っております。

小児矯正治療であごの成長を正しく導き、歯並びを整えます。

子供の矯正は低年齢から開始することにより、成長段階で成長を利用して行いますので、無理のない治療を行うことができます。


歯列矯正の種類

プレオルソ

レオルソ

プレオルソは柔らかい素材のマウスピース型の装置です。3才〜10才くらいのお子さんに使用します。

インビザラインファースト

インビザラインファースト

インビザラインファーストはマウスピース型の矯正装置です。透明のマウスピースですので目立たず治療ができます。6才〜10才くらいのお子さんに使用します。

ムーシールド

ムーシールド

ムーシールドは早期の受け口(反対咬合)治療に使用します。3才くらいから使用できます。

プレート
(拡大床)

プレート

プレートは取り外し式の装置です。中心部にあるネジを回して、あごの骨格を少しずつ広げていきます。5才〜8才くらいのお子さんに使用します。

急速拡大装置

急速拡大装置

急速拡大装置は固定式の装置です。1日に1回中心部にあるネジを回して、あごの骨格を広げていきます。6才〜12才くらいのお子さんに使用します。

PRO矯正

男の子

PRO矯正はアクティビティ(トレーニング)と矯正を組み合わせた治療法で、姿勢・口呼吸を改善し、歯並びを治す治療です。PRO矯正はクローバー歯科・美容クリニックで行っております。

歯列矯正の無料初診相談

矯正歯科の無料初診相談を行っています。

専門医による無料の初診相談では問診、口腔内の検査(必要時のみレントゲン撮影)などを行い、治療方法や費用の説明をいたします。

内容をお聞きなった上で治療するかどうか検討していただけますのでご安心ください。

ご予約時には「矯正無料初診相談希望」の旨をお伝えください。

初心相談のカウンセリング風景

矯正治療・矯正装置については
矯正歯科専門サイト
をご覧ください

矯正歯科の治療費についてはこちら
矯正歯科専門サイト料金ページ

お気軽にお問い合わせください

Copyright(C) 梅田クローバー歯科クリニックAll Rights Reserved.
  • イーマ院カトレア歯科
  • 茶屋町院
  • 第3ビル院
    クローバー歯科・美容クリニック
    梅田クローバー歯科クリニック