小児歯科

子供の歯が抜けたらどうするのがベスト?

子供の歯が抜けたらどうするのがベスト?

子供の歯が抜けたらどうするのが良いか、今日はその点についてご紹介いたします。

抜けた歯はどうするのがベスト?


6歳頃になると、子供の歯(乳歯)から、大人の歯(永久歯)へと生え変わる時期です。そのため、前歯の乳歯がぐらぐらと歯茎から揺れる状態になります。

  • 食べ物を噛んでいる時
  • 歯磨きをしている時
  • うがいをしている時

抜ける時は様々ですが、突然のことで血も出るので「ママどうしたらいいの?」とお子さんに聞かれる保護者さまも多いでしょう。

歯が抜けた時の日本・ヨーロッパの風習

昔の日本では、下の歯は屋根に、上の歯は床下へ投げるおまじないをかける風習がありました。このおまじないは日本を含むアジアで多く見られますが、ヨーロッパでは異なります。

ヨーロッパでは抜けた乳歯を枕元に置いて眠ると、トゥースフェアリーという妖精がやってきて、綺麗な乳歯とコインを交換するそうです。子どもが朝起きてみると、枕元にはコインがあるというのが欧米ではよくある光景のようです。

子供の歯どうすれば良い?

ただし、一軒家ではなく、マンション住まいの方も多くなってきました。屋根や床下へ放り投げるということが現実的ではありません。ご近所とのトラブルのもとになってしまいます。乳歯はどうすれば良いのでしょうか。

捨てる方は少なく、抜けた歯は何かのケースに入れて保管するというご家庭が多いようです。抜けた歯はさっと水で洗い、水分を取り除き、袋や布で包んで保存する方法ですが、乳歯にとってベストな保管方法は、収納する専用ケースでの保存です。

高温多湿の日本の環境では桐の木箱は最も効果的で、抗菌作用・湿気に強く、また抜けた歯や日付を記入できる特徴もあるようです。

子供の歯が生え変わるのには個人差がある

子供の歯が抜けて乳歯から永久歯に生え変わり始めるのはおおよそ6歳ごろです。あごなどの成長の度合いにより、年齢は前後します。12歳頃までに上下とも奥歯まで永久歯に生え変わり、大人の歯と同様になります。乳歯から永久歯に生え変わる通常の流れをご説明します。

  1. 乳歯の下に埋まっている永久歯がある
  2. 永久歯が出よう(萌出)とする
  3. 乳歯の歯根が溶ける
  4. 乳歯が自然と抜ける
  5. 永久歯が空いたスペースに生える

子供の歯を無理に抜くのは絶対ダメ!

5歳頃から歯が揺れてお子さんが気になって手で触るからご自身で抜いたほうが良いかと思われるかもしれませんが、勝手に抜くのはリスクが高いです。グラグラしているけどまだ抜けないという場合は、乳歯の歯根があごの骨(歯槽骨)の中でまだ一部残っている状態です。この状態から無理に抜こうとすると、乳歯が途中で折れるというトラブルになります。

途中で折れてしまうと、永久歯が生えるスペースがなくなり、生える部分ではないところから出てきて、歯並びの問題を引き起こす可能性があり、不正咬合の原因となります。歯科医院で歯科医師が診断したケースでしたら別ですが、基本的には自然と抜けるのを待つのが最善策です。

歯が抜けた後の注意すべきこと

歯が抜けると、歯みがきの際に「痛くなったらいやだから抜けた歯の近辺は掃除しない」というお子さんもいらっしゃいますが、大切な歯のためにはよくありません。細菌が空いたスペースに入ってしまい、永久歯の成長を阻害する可能性があります。隣の歯などきちんと歯がある部分は食後に歯ブラシで歯を磨きましょう。そして、歯医者さんへ定期的に通院して、ドクターによるむし歯のチェックや治療、歯質強化のために必要なフッ素塗布を行いましょう。

乳歯はエナメル質が永久歯より少ないため、神経(歯髄)まですぐに進行します
。一方で永久歯は乳歯より虫歯の進行が遅いですが、永久歯が生えたからと安心は禁物です。お子さんのお口の中で生えたての永久歯は大人の永久歯と比べて柔らかく、むし歯菌などの感染を起こしやすいからです。

まとめ

再生医療の分野で、乳歯や親知らずに含まれる歯髄細胞に注目が集まっているようです。今後研究が進むと、有効活用ができる時代になるかもしれません。お子さんの歯の生え方や歯並び、噛み合わせなどで気になる場合は、診療やカウンセリングを受診して、スタッフにご相談ください。

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック