ホスピタリティの心でおもてなし

先日、1830年創業の「花外楼」へ友人と出かけました~
明治8年、伊藤博文らによって薩長の士を集めて開かれた、立憲体制の礎となる大阪会議の舞台となった料亭です。
誠実の志を大切に、日本料理の伝統とおもてなしの心を守り続けていらっしゃいます。

先付・煮物椀・造り・凌ぎ・焼肴・強肴・焚合・御飯・デザートという会席料理をいただきました。
外国の方に向けて、お寿司・天婦羅・ステーキを取りいれた ‘Kaiseki’というメニューも用意されています。
四季の旬を味わえる洗練されたお食事を楽しみながら、素晴らしいひとときを過ごすことができました♪

NHK朝ドラの『あさが来た』の五代友厚役で人気のディーンフジオカさんが、3月に訪れたとのこと☆

umeda_160614_01

おいしさ、趣ある器、美しい盛付けはモチロンですが、老舗料亭ならではの接遇が印象に残っています。
お手本にしたくなるような、目配り&気配りのゆきとどいた接客…
自分自身が患者さんと接する際にも、ホスピタリティ精神を心がけたいと思いました。

umeda_160614_02